eラーニング教材「医療事故防止の基礎知識」で医療の安全を理解しよう!

ぱしふぃっくま わーい

病院では、患者さんが安全な医療を受けられるよう、日々努力と工夫がされているよ。安全な医療を提供するための基本的な知識は必要不可欠だよ〜!

「医療事故防止の基礎知識(第1部/第2部)」では、医療事故が発生する原因を理解したうえで、予防策や組織的な取り組みについて、学習することができます。

「医療事故防止の基礎知識」の特徴

人間は誰でも間違える。しかし、間違いを防ぐことはできる

人は誰でもミスをすることはあります。しかしその後、原因を知り対策を行うことで再発防止を努めることが大切であり、医療事故においてはとても重要です。さらに、医療事故が発生した場合の適切な対応を心がけることも、忘れてはいけません。

第1部では、医療事故の現状や、安全を指向した医療システムを学ぶことができます。

ほとんどのページでイラストを交えながら解説しています

事故防止策や事例から、なにを備えられるか考える

医薬品や医療機器の扱いによって発生する医療事故もあります。第2部では、安全を重視した総合的な医薬品・医療機器の事故防止策について学ぶことができます。

医薬品や医療機器についてのヒヤリハット事例を取り上げているので、どんな事故が発生したのか、現状を知ることでより理解を深められます。(ヒヤリハット事例 出典元:公益財団法人 日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業)

ヒヤリハットの事例の一部を紹介しています。医療機関の取り組みを参考にできます

確認テストは全部で55問 学習したことを丁寧に振り返る

各章末に用意されている「確認テスト」は、7〜10問ほどあります。本編で学んだ内容が身についているか、受講者自身が確認しながら学習を進めることができます。

確認テストは「Yes/No」の2択形式です
その場で正誤判定がされ、解説が表示されます。

まとめ:「医療事故防止の基礎知識」の特徴

『医療事故防止の基礎知識』は2021年9月に改訂を行いました。
第1部・第2部には、それぞれ20問ずつの修了テストも用意しています。

医療に携わる方々の研修用教材としてもぴったりなので、よろしければ無料モニターのご利用お待ちしています!

医療事故防止にまつわる、医療従事者としての心構えが学べるよ〜!

「医療事故防止の基礎知識」の詳細を見る

鋭意制作中!eラーニング教材

現在、日本データパシフィックでは、来年度に向けて新コンテンツを制作しております。

    学生生活/モラル/倫理系
  • INFOSS情報倫理2022年度版
  • 学生生活のモラルと規範2022年度版

  • 語学系
  • 三日間集中フランス語発音講座

  • 資格試験対策
  • TAC ITパスポート試験過去問題集 2022年度版
  • TAC 基本情報技術者試験午前過去問題集 2022年度版
  • ITパスポート試験学習教材

  • 教職員向け
  • 教職員のための情報倫理とセキュリティ2022年度版

  • スタディスキル系
  • レポート作成入門コース
  • プレゼンテーション入門コース
  • ディベート入門コース
  • インフォメーション・スキル入門コース

  • 医学・医療系
  • 一次救命処置とAEDの基礎知識(ガイドライン2020対応)

※こちらに掲載した教材につきましては、都合により開発中止となる可能性もございます。

プログラミングの考え方を学ぼう!eラーニング教材「Scratchで覚えるプログラミング思考」

プログラミングの考え方を学ぼう!eラーニング教材「Scratchで覚えるプログラミング思考」
ぱしふぃっくま ちゃぷちゃぷ

プログラミングを学びたい! でもなんだか難しそう……。そんな人におすすめしたいのが、「Scratchで覚えるプログラミング思考」。直感的に操作しやすいScratchで、プログラミングの基本的な考え方を学ぶ教材なんだ。

「Scratchで覚えるプログラミング思考」の特徴

プログラミングの基本的な考え方を学ぶ

 この教材の目的はScratchを使ってプログラミング思考を身につけることです。条件分岐や反復構造といった、プログラミングに欠かせない考え方をメインに解説します。
 Scratchはブロックの組み合わせで簡単にプログラムが組めるため理解がしやすく、プログラミングの入門教材としては、弊社の「試して納得 Python入門」に比べ、より初心者向けとなっています。
 学習の進め方は、自分で解説を読みながら実際に手を動かす形式です。Scratchのインストールから例題のブロックの組み方までの手順を、豊富な画像と文章で丁寧に説明しています。

図やスクリーンショットで分かりやすく解説します。

課題で力をつける 反転授業にも

 実際に手を動かして考え方を理解した後は、課題に挑戦して学んだことを実践できます。課題は各章に3~5問ほど用意されています。解答例も用意されているため、どうしても解けなかった場合には、答えを見て復習することができます。
 また、課題は反転授業にも向いています。教材を予習し、授業で課題を解くといった使い方ができます。

課題画面サンプル

まとめ「Scratchで覚えるプログラミング思考」の特徴

  • プログラミングの基本的な考え方を学ぶ
  • 課題で力をつける 反転授業にも

「Scratchで覚えるプログラミング思考」はプログラミング初心者でも親しみやすいScratchで、プログラミング思考を学ぶ教材だよ。

※「Scratchで覚えるプログラミング思考」のマスコットキャラクター

「Scratchで覚えるプログラミング思考」の詳細を見る