自分でLMSの環境を作ってみよう! 1.コンピュータの準備編

下記の手順に沿ってLMSの環境の作り方を説明するよ!
今回は1番目のコンピュータの準備だよ~。

  1. コンピュータの準備
  2. OSのインストール
  3. 必要なソフトウェアのインストール
  4. LMSのインストール
  5. LMSの起動と動作確認

 LMSについては事前知識編で詳しく紹介しています。

コンピュータの準備

仮想マシンとは

 サーバとして使うコンピュータを準備します。ここでは仮想マシンを使います。
 仮想マシンとは、あるコンピュータの上に作り出された、仮想的な別のコンピュータのことです。前者のコンピュータのことをホスト、後者をゲストと呼びます。ホストには物理的な機械の部分がありますが、ゲストにはありません。ホストのコンピュータから、CPUやハードディスクなどの一部をゲストのコンピュータに割り当てることで、物理的な実体を持たないコンピュータを作り出しています。

 仮想マシンを作るソフトウェアはいくつか種類がありますが、ここでは「Oracle VM VirtualBox(以下VirtualBoxと記載)」を使います。

仮想マシンの作り方

 インストールしたVirtualBoxを起動します。画面上部の[ファイル]の右の[仮想マシン]→[新規]をクリックします。

 画像のようなダイアログボックスが表示されます。それぞれの項目を設定します。

  • 名前:仮想マシンの名前をつけます。
  • マシンフォルダー:仮想マシンを保存する場所を選びます。
  • タイプ:仮想マシンのOSを選択します。
  • バージョン:仮想マシンのOSのバージョンを選択します。

 ここではLinux系のDebianというOSにMoodleのバージョン3.11をインストールするため、下記のように設定しました。

  • 名前:debian_moodle311
  • タイプ:Linux
  • バージョン:Debian(64-bit)

 [エキスパートモード]をクリックします。
 Installing Moodleの「Hardware」の部分に「メモリは最低512MB、1GB以上を推奨」というようなことが書かれています。ここでは1024MB(=1GB)を設定しました。

どうして1024MBが1GBなのか不思議に思った人はいるかな?
これはコンピュータでは全て2進数で表すからなんだ。10進数では10の3乗=1000ごとに接頭辞(ここでは単位の前について単位を補足するもの。k、M、Gなどのこと)がk→M→Gと変わっていくけれど、2進数では2の10乗=1024が一番1000に近くてキリのいい数字だから1024ごとに接頭辞を変えるようにしたんだって。

 それ以外はデフォルトのまま[作成]をクリックします。

 仮想ハードディスクの作成というダイアログボックスが表示されます。ここでコンピュータのディスク容量を設定します。ダイアログボックス内では「ファイルサイズ」と書かれています。
 もう一度、Installing Moodleの「Hardware」の部分を確認します。ディスク容量は「最低5GB(Moodleのコード用に200MB必要)」というようなことが書かれています。今回の目標はLMSを動かして簡単な動作テストをすることなので、少し小さめに4GBに設定し、それ以外はデフォルトのまま[作成]をクリックします。

 図のように、仮想マシンが作成されました。

キーワードのおさらい

仮想マシン物理的な機械の部分を持つコンピュータAの上に作り出された、仮想的なコンピュータBのこと。Aのことをホスト、Bのことをゲストと呼ぶ。
2進数数の表し方のひとつで、10進数が10になると桁があがるように、2進数では2になると桁があがる。コンピュータの世界では全てをこの2進数で表す。

次は作成した仮想マシンにOSをインストールする手順を説明する予定だよ~。